ふと誌

お気に入りの腕時計に出会えたよ

Pocket

文字盤の中で月が動く腕時計を初めてみたのは高校生の時だったかなあ。

その時は、

「へえ〜、こんな時計があるんだ。ふ〜ん」

ぐらいの気持ちだったなあ。

 

それが、年々、あのときに見た、月が動く時計欲しいなあって思うようになっていった。

 

月が動くだけじゃなくて、好きなデザインを探していたなあ。

 

だんだんと希望が増えてきて、
自分の望むような時計ってないなあって思うようになっていた。

 

そして、いつの間にかそんな時計が欲しいということすら忘れていた。

 

 

その気持ちを思い出させてくれたのが、
心斎橋駅の天井に飾らせてあった時計の広告だった。

 

その次に欲しい気持ちを思い出したのが
ネットの公告だった。

 

値段を調べておどろいた。

 

その時計のひとつの値段で
高級乗用車が買える
まったくでが出ない存在だった。

 

月(Moon)が動く

日(day)を針で示す

曜日を針で示す

月(month)を針で示す

もちろん、時と分を針で示す

秒針もついている

 

この時計一つで

何月、何日、何曜日、何時、何分、何秒、月齢

 

全てわかる。

 

 

こんな時計が欲しいなあってずっと思ってた。

 

 

 

買える値段で

高級感があって

スーツに似合うデザイン

 

そんな時計を見つけた。

 

昨日我が家にやってきた。

 

 

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。