ふと誌

好きなのか嫌いなのか、手帳

Pocket

手帳を何冊も持ち歩いてる。

色々使って使いやすいのを探してる。

手帳に向かって、スケジュールを考えるのが好きなんだと思ってた。

だけど、どうも本当はスケジュールを組み立てる事が嫌いだったのかもと思い出した。

それは、スケジュールに関していつもイライラしている事に気付いたから。

イライラするのは立てた予定通り進まない時。

途中に新しい予定が割り込んできた時。

複数のプロジェクトを進めているけど、忙しすぎてそれぞれがうまく進んでいるのか見えなくなってきた時。

 

そんなイライラした時にはいつも手帳変えようとしてきた。

書き方を変えたり、違う手帳に変えてみたり。

でも上手くいかなくて、スケジュールも上手く立てれなくて。

そして、もっとイライラする。

 

 

そんなことを繰り返している。

 

 

なんでスケジュールを立てる事がこんなに下手くそなんだろう?

そう思った時に

本当はスケジュールを立てる事が嫌いなんだ。と思った。

 

嫌いなことを、よく三十年も頑張ってきたなあ。と自分を労ってみた。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。