small CHALLENGE

洗面台の防水コーキングにカビが生えて汚くなっているのを綺麗に蘇らせたくて行ったハウスリペアです。

Pocket

カビを削り落として、防水コーキングを施工したら綺麗になりました。

 

実家に行くといつも気になっていた場所がありました。

洗面台の横にある壁との間にコーキングが打ってあります。
そのコーキングにカビが生えて汚くなっていました。
部分的に凹んでいて水が溜まりやすくなっているのこともあってカビが生えやすくなっているんだと思います。
今回、思い切ってコーキングのやり直しをすることにしました。

8年前に別な場所でコーキングを実践したことがありましたが、仕上がりが汚くて自分には才能がないなあって思っていました。

今回こそ綺麗に仕上げたいと思っての挑戦です。

準備したのは

コーキングそのもの

ガン

マスキングテープ

コテ

コーキングの栓

掃除用にティッシュBOX

です。

 

1。汚いカビ面を削り落とします。

2。マスキングテープを貼ります。

3。コーキングをガンにセットします。

4。打ちます。

5。待ちます。

6。マスキングテープを剥がして完成です。

 

マスキングテープを剥がすタイミングで一回めは失敗しました。
まだ固まりきっていなくて、表面が取れてしまいました。

雨模様、気温18度で、2時間置いてマスキングテープを外したら早すぎました。

2回目は4時間置いてマスキングテープを外したら、綺麗に剥がせました。

 

これから、もっといろんなところを施工したくなりました。

 

 

 

ABOUT ME
月車橋郎
サッカーとギターとガーデニングとハウスリペアと家のセールスが趣味です。三つ子は大きくなりました。中学、小学の子供と妻と4人で暮らしています。物を減らして広く暮らす断捨離実践中です。