未分類

言葉で伝えるより、わかりやすい方法を探してみる

Pocket

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは
今年の手帳と来年の手帳の2冊を鞄に入れたら
重たいなあと思っている太です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のテーマ

【言葉で伝えない】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

営業のヒント:

伝えたいことを言葉に出すことは簡単。

しかし、言葉以外を使って伝えようとすることで
納得してもらえるようになります。

解説:

「ここのところ低金利の時代ですね」
「今後、金利はどうなっていくのでしょうか」
「低金利が続くとしたら変動金利で借り入れするとお得ですね」
「今後金利が上昇するとしたら固定金利で借り入れしておくほうが安心ですね」

営業担当者がこのような金利を話題にしている時、
お客様はどう感じているのでしょうか?

もしも、お客様が
今が低金利の時代だとは知らない人だとしたら。
昔はどれぐらいの金利だったのか知らない人だとしたら。

営業の話には全く付いてこれません。

今が低金利です。
昔は金利が高かったのです。
だから今はローンを組みやすいのです。

そう伝えたいのであれば
言葉で言うのではなく
証拠を見せて説明したいものです。

一目で今が低金利だとわかる資料は無いだろうか???
一目で昔は金利が高かったことがわかる資料は無いだろうか???

同じ金額の借り入れをしたとき
今の金利なら月々の返済がいくらで総返済額がいくら
昔の金利なら月々の返済がいくらで総返済額がいくら
だから今のほうがお得です。
といったことが一目でわかる資料は作れないだろうか???

そんな資料が手元にあれば
言葉でいろいろ語らなくても
お客様は納得してくれるでしょう。

いつもは言葉を使って説明していることを
資料や写真や体感、実物などで伝えられないかを考えてみることです。

■今日のチェックポイント

『100分話すよりも、1分でわかる方法を探してみる』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。