ふっと考え方

どれもこれも、うまく行かないと悩んでいたとき、やってみてうまく行ったこと

Pocket

あなたの考え方のヒントになって
「仕事の役に立ったなあ」
と感じてもらえる話を届けたいと思っています。

「なぜこんなブログを書くの?」
そう、きっと聞かれると思うので先に話しておきますね。

過去、
私自身が仕事の中でいろんな悩みを持っていました。

その悩みを解決できたから
今の自分があると思っています。

今でも悩みをいっぱい抱えたまま走っているので
偉そうなことは言うには
まだまだ早すぎると思っていました。

ですが
最近いろんな人の相談の話を聞いていると
過去に私が悩んでいたことと同じことに悩んでいる
そんな人が多いことに気づきました。

「その悩みだったら、僕はこうやって解決したよ」
と教えたことも何度かありました。

それをきっかけに
考え直してみました。

今の自分ではまだまだ
世の中の偉い人のようなことは言えないけれど

ひょっとしたら
小さなヒントぐらいは
伝えられるかもしれない

そう思うようになったのです。

私の経験から得たことを伝えるだけでも
一人ぐらいは
今より楽になる人が
きっといると思うようになったのです。

どんな話しをしたら
「役に立ちました」
と言ってもらえるかは分かりませんが

思い出した話から
順に話していこうと思っています。

よろしければ
気長にお付き合いください。

【どれもこれも、うまく行かないと悩んでいたときのこと】

何をやってもうまく行かない時ってあるんです。
上司に言われたとおりやっているのに駄目。
以前成功した時と同じことをやっているのに駄目。
成功者の真似をしているのに駄目。

頑張っているのに何もかも駄目。

たくさんの人に相談してみたり、
うまく行っている人の様子を見せてもらったり、
隠れて業を盗もうとしてみたり、
成功者の使っている資料をもらったり、
アドバイスもたくさんもらい
よさそうだと思ったものから全部試したりしました。

でも
駄目なものはだめなんです。

次に何をしたらいいのか分からなくなって
それでも何かのヒントを得るために探し回りました。

自分の悩みがピークになっているときでした。
ある人に相談を持ちかけました。

この人ならきっと
今の自分に最高のいい方法を教えてくれる
と期待して選んだ人でした。

その人からのアドバイスについて
正確な言葉までは覚えていないのですが
おおよそ次のようなことを言われました。

「苦しくて困っている時ほど

苦しくて困っている人を助けてあげよう。」

それを聞いた私は

えっ??????????

聞き違えたと思いました。

そして、
もう一度聞きなおしました。

するとやっぱり

苦しくて困っている時ほど

苦しくて困っている人を助けてあげよう。

って言うのです。

私が聞きたいのは

私が困っているのだから
私がどうやったら助かるのかを聞きたい
私がどうすればいいのかを知りたい。

それなのに
困っている人を助けるってどういうことでしょうか?

そう思っていました。

それに、
私が困っているのに
人を助けるほどの余裕も無い
って思っていました。

すると
その人は更に
こう続けました。

「見返りを期待しないで」

そして、

「自分に出来る範囲のことでいい」

「全力で助けてあげてください」

まとめると。

苦しくて困っている時ほど
苦しくて困っている人を助ける。

見返りを期待しないで、
自分に出来る範囲のことでいいので
全力で助けてあげてください。

そういうことなんです。

この意味を聞くと
苦しいときに自分のことだけを考えていると
なかなか苦しさからの出口が見つからないことが多いものだ。

困っている人を見つけて
その人を全力で助けてあげると
自分に出来ることと、自分に出来ないことが分かるようになる。

そうすると
状況が好転する

そう言われたんです。

そうなのかなあと思いつつも
とにかくやってみようと思いました。

困っている人はいないかな
と、見渡してみると
すぐに見つかりました。

先輩が隣の席で苦しんでいました。

商談に追われて
役所へ行く時間が取れないと悩んでいました。

それぐらいなら私が代わりに行くことができるので
いってきましょうか?
と聞くと

「ぜひ行ってくれ。悪いなあ」と言われました。

そうやって何人かの人の
困っている様子を見て
自分にできる範囲で手伝うようにしました。

そうすると
時々、ありがとうと言ってもらえるようになりました。

苦しんでいる人や
困っている人の応援をするようになると、
不思議なことに
お客さんが苦しんでいたり、困っている事に気づけるようになってきたのです。

そのうちに
気がついたら
状況が少しずつよくなっていたのです。

あなたの近くに
苦しんでいたり
困っている人はいますか?

その人は
どんなことに苦しんでいるのでしょうか?

あなたが出来ることで
その人の困りごとを
少しでも解消してあげられることは何ですか?

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。