住宅営業

他部署の人が来たら手を止めて迎える

Pocket

『他部署の人が来たら手を止めて迎える』

モデルハウスの事務所に勤務していると
他部署の人が立ち寄る事がよくあります。

近くに現場がある工事監督が立ち寄って
ファックスを借りに来たり

 

近くに定期点検に来たアフターサービスの担当者が
最新の仕様を確認に来たり

現場の職人さんが
電話を借りに来たり

メーカーの人が
コーディネーターと待ち合わせのために
入って来たり

営業とは直接用事が無い人が来ます。

 

 

そんな時
「あ、こんにちは」
だけで終わってしまう人がほとんどです。

 

 

入って来た人は
そもそも、
「仕事を邪魔して悪いなあ」
と思いながら入って来ています。

 

迷惑かけてるから
少しでも早く帰らないと
と思いながら入って来ています。

 

そんな気持ちで入って来ている人ですが
私たちの仲間のはずです。
せっかく入って来てくれた
仲間です。
もっと歓迎してみたらどうでしょうか。

 

 

夏なら暑い中
冬なら寒い中
外からやって来られます。

 

 

モデルハウスの中は
休息の場所です。

 

外から来たら
オアシスです。

 

 

せっかくなので
仕事の手を止めて
お茶でも出して
迎えてあげてはいかがでしょうか。

 

お茶菓子も添えてあげると
喜ばれます。

 

そして、
用事だけ済ませて急いで帰るのではなく
少し世間話でもして
顔見知りになり
仲良くなれるようにしてみるのです。

 

 

遠慮しながら入って来た人たちを
歓迎して
「またいつでも来て下さい」といって送り出す。

 

 

気持ち良く来てもらって
気持ち良く帰ってもらう

 

この気持ちが
お客様を迎える時の態度にもつながると思います。

 

顔見知りになったら
お互い仕事がしやすくなります

 

仲良くなったら
新しいお客様を紹介してもらえるかもしれません。

歓迎の気持ちを表す一番の方法は
仕事の手を止める事です。

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。