未分類

外まで見送るもう一つの理由とは。自己判定できる。

Pocket

展示場に来場したお客様を見送るとき、
必ず外まで出るようにしていました。

それは、丁寧に見送るという理由もあったのですが、
外に出たら、お客さんの警戒心が薄れるというものがありました。

外にでて、立ち話をしていたら、「実は」と本音を語ってくれる人が多くありました。

きっと、展示場の中は、相手の土俵の中で、
外に出たら、対等の場所になると感じていたのだと思います。

そして、
お見送りの時は、
お客様の姿が見えなくなるまで見送っていました。

車に乗ったお客様を見送るときは、
その車が見えなくなるまで、見送っていました。

こうすることで、自然に他の営業との差別化が出来ていたということが
何度もありました。

もう一つ、
見送るときに、今日の出来は良かったのか、まあまあだったのかの判断ができるのです。

お見送りしていると、
帰りながら、振り返る人と、振り返らない人があります。

振り返って、こちらに挨拶してくれる人や、もう一度展示場の建物を確認している人や、
渡した名刺を見て、会社名や営業の名前を確認してくれる人があります。

このような行動をした人は、多くの場合、見学・案内に満足している方です。

振り返らない人はが悪いわけではありません。
引きずらないタイプの方や、どんどん前へ進む方、すでに次のことを考えている人は振り返りません。

振り返ったら、合格だったと思い、
振り返らなかったら、どちらかわからないから次回聞いてみようって思ってました。

そうやって、
外まで出て見送ることを楽しんでいたのです。

今日のメールコーチ:
外まで出て見送り、自己判定してみる。

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。