未分類

外まで見送るもう一つの理由とは。自己判定できる。

Pocket

展示場に来場したお客様を見送るとき、
必ず外まで出るようにしていました。

それは、丁寧に見送るという理由もあったのですが、
外に出たら、お客さんの警戒心が薄れるというものがありました。

外にでて、立ち話をしていたら、「実は」と本音を語ってくれる人が多くありました。

きっと、展示場の中は、相手の土俵の中で、
外に出たら、対等の場所になると感じていたのだと思います。

そして、
お見送りの時は、
お客様の姿が見えなくなるまで見送っていました。

車に乗ったお客様を見送るときは、
その車が見えなくなるまで、見送っていました。

こうすることで、自然に他の営業との差別化が出来ていたということが
何度もありました。

もう一つ、
見送るときに、今日の出来は良かったのか、まあまあだったのかの判断ができるのです。

お見送りしていると、
帰りながら、振り返る人と、振り返らない人があります。

振り返って、こちらに挨拶してくれる人や、もう一度展示場の建物を確認している人や、
渡した名刺を見て、会社名や営業の名前を確認してくれる人があります。

このような行動をした人は、多くの場合、見学・案内に満足している方です。

振り返らない人はが悪いわけではありません。
引きずらないタイプの方や、どんどん前へ進む方、すでに次のことを考えている人は振り返りません。

振り返ったら、合格だったと思い、
振り返らなかったら、どちらかわからないから次回聞いてみようって思ってました。

そうやって、
外まで出て見送ることを楽しんでいたのです。

今日のメールコーチ:
外まで出て見送り、自己判定してみる。

ABOUT ME
月車橋郎
サッカーとギターとガーデニングとハウスリペアと家のセールスが趣味です。三つ子は大きくなりました。中学、小学の子供と妻と4人で暮らしています。物を減らして広く暮らす断捨離実践中です。