未分類

お客様の名前を聞いて名前を覚える方法

Pocket

さて、今日のメールコーチをお届けします。

名刺を渡して名前を名乗ったら、
お客様の名前を訊いてみましょう。

素直に答えてくれる人も
沢山います。

この時点では
苗字だけ聞ければ大丈夫です。

「私、 部呂具好矢と申します。よろしくお願いします。」

「お客様、お名前を聞かせてもらってもいいですか?」

「はい、エリクラです。」

といった具合です。

名前を聞いて、
すぐに覚えられる人と、すぐに忘れてしまう人がいます。

忘れそうだからと、
その場でメモを取ると、話の流れが途切れてしまいがちです。
せっかくだったら、スムーズに話を続けたいものです。

一度聞いた名前を、メモしないで忘れないようにする方法の一つを紹介しましょう。

理由をつけて復唱して、忘れにくいようにします。

営業、「エリクラ様、エリクラ様の漢字はどの様な字を書きますか?」

お客様、「絵本の絵、里中智のサトの里、倉敷の倉だよ」

営業、「絵本の絵、里中智のサトの里、倉敷の倉で、絵里倉様ですね。」

お客様「そうだよ」

中野さん「わかりました、では、エリクラ様、どうぞごゆっくりご覧ください。」

漢字を聞いてイメージしたら忘れにくいでしょう。

それと、もう一つ、
この短いやり取りの間に、
相手の名前を4回読んでいます。

4回も呼べば、忘れにくいでしょう。

今日のメールコーチ:
名前を聞いて忘れないうちに復唱する。

 

ABOUT ME
月車橋郎
サッカーとギターとガーデニングとハウスリペアと家のセールスが趣味です。三つ子は大きくなりました。中学、小学の子供と妻と4人で暮らしています。物を減らして広く暮らす断捨離実践中です。