未分類

お客様の名前を聞いて名前を覚える方法

Pocket

さて、今日のメールコーチをお届けします。

名刺を渡して名前を名乗ったら、
お客様の名前を訊いてみましょう。

素直に答えてくれる人も
沢山います。

この時点では
苗字だけ聞ければ大丈夫です。

「私、 部呂具好矢と申します。よろしくお願いします。」

「お客様、お名前を聞かせてもらってもいいですか?」

「はい、エリクラです。」

といった具合です。

名前を聞いて、
すぐに覚えられる人と、すぐに忘れてしまう人がいます。

忘れそうだからと、
その場でメモを取ると、話の流れが途切れてしまいがちです。
せっかくだったら、スムーズに話を続けたいものです。

一度聞いた名前を、メモしないで忘れないようにする方法の一つを紹介しましょう。

理由をつけて復唱して、忘れにくいようにします。

営業、「エリクラ様、エリクラ様の漢字はどの様な字を書きますか?」

お客様、「絵本の絵、里中智のサトの里、倉敷の倉だよ」

営業、「絵本の絵、里中智のサトの里、倉敷の倉で、絵里倉様ですね。」

お客様「そうだよ」

中野さん「わかりました、では、エリクラ様、どうぞごゆっくりご覧ください。」

漢字を聞いてイメージしたら忘れにくいでしょう。

それと、もう一つ、
この短いやり取りの間に、
相手の名前を4回読んでいます。

4回も呼べば、忘れにくいでしょう。

今日のメールコーチ:
名前を聞いて忘れないうちに復唱する。

 

ABOUT ME
ふとし
サッカーを続けるために月まで走れる体づくりを目指しています。 神戸市で新築戸建て住宅営業を始め、29歳の時に西宮市で阪神淡路大震災の被害にあいました。 不景気に苦しんだ経験から、景気に左右されない営業方法を求めて顧客獲得実践会へ入会。 ダイレクトレスポンスマーケティング、高確率セールス法を学び、社内初のホームページを作成し、ブログ、メールマガジンの配信を行いました。 新築住宅167棟を売り上げ営業を離れ、1500人が来場する大工場見学会の運営を行いました。若手営業研修を受け持ち、新人年間退職者ゼロ、成約率第一位を達成できたのは嬉しかった事です。『住まいと環境学習プログラム』の開発に参加。10年間で中学校の住まいの授業を200時限実施し、第6回キャリア教育アワードの最高峰、経済産業大臣賞最優秀賞大賞を受賞に貢献できたのは思い出です。 現在は賃貸建物管理を業務としています。