未分類

お客様のために営業はどんな考え方で提案をすればいいのか

Pocket

住み終わった時にどんな感情を持っていたいかを確認する

今どんな家が欲しいのかを尋ねると
安い
広い
きれい
使いやすい
などいろいろ希望が出てきます。
新しいうちはどこの家もきれいです。
使いやすくなるように
快適に住めるように
どこの家も工夫しています。
その家を何十年使いたいのか?
いつまで暮らしたいのか?
と聞くと
20年、自分の世代だけでいいと答える人もいれば
30年、定年したら、もう一度建て替えたいという人もいれば
60年、子供の世代にも快適に使いたいという人もいます。
その家を、使い終わる時にどんな気持ちでいたいのでしょうか?
あーーーいい家だったな
あーーー気持ち良く暮らせたな
お客様が将来、
その気持ちを持つためのお手伝いを今することが
営業の提案なのだと思っています。
ABOUT ME
月車橋郎
サッカーとギターとガーデニングとハウスリペアと家のセールスが趣味です。三つ子は大きくなりました。中学、小学の子供と妻と4人で暮らしています。物を減らして広く暮らす断捨離実践中です。